okama-onabeのブログ

おかまになるな おなべになるな

私自身は性同一性障害 男性から女性になり

初めまして。

私自身は性同一性障害 男性から女性になり

0001.jpeg

過去に色々な体験をしました

その体験をこれから具体的にイイ事とダメだった事を

書き続けたいと思います。

これからお話する事は過剰な表現が
ある場合が有りますが体験によるものです。


そもそも性同一性障害とは何なのでしょう

ほとんどの皆様は多少ご理解頂けてるとは思いますが

実際はどうやって男性から女性に変わっていくのか

まずは性同一性障害の男性から女性になる方の(私の事)を詳しく説明します

人は、自身がどの性別に属するかという感覚

男性または女性であることの自己の認識を持っており

これを性同一性(性の同一性、性別のアイデンティティー)という。

大多数の人々は、身体的性別と性同一性を有するが

稀に、自身の身体の性別を十分に理解しているものの

自身の性同一性に一致しない人々もいる。

そうした著しい性別の不連続性(Disorder)を

抱える状態を医学的に性同一性障害という。

一般に、性別は身体や染色体によって決まるもの

身体の性と性同一性は一体のものと考えられてきたが

生まれつき染色体、生殖腺、もしくは解剖学的に

性の発達が先天的に非定型的である状態にある性分化疾患の症例を研究するうち

性分化疾患の場合、身体の性と性同一性はそれぞれ必ずしも一致しない場合があることがわかった。



性同一性障害は、何らかの原因で生まれつき身体的性別と、性同一性に関わる脳の一部とが
それぞれ一致しない状態で出生したと考えられている

このため、性同一性障害を抱える者は

自身とは反対にある身体の性別に違和感や嫌悪感を持ち

生活上のあらゆる状況においてその性別で扱われることに精神的な苦痛を受けることが多い

そうした、終生まで絶え間なく続く苦痛の無い、普通の生活を送るために治療を要し、

時に身体や生活上において、自身と一致する性別への移行をすることがある。


こう言う意見で有りますが 私の場合は体を女性に変化させました。

変化する上で何が大変なのか?

いつ、どのタイミングで、何歳までに?っと言った事に関して

女性になりたい人は必ず ひげ はげ 毛穴 骨太 筋肉を気にします

そう考えると 本当の意味で性転換をするには 

20歳未満が望ましいと思いますが 実際の所、未成年では性転換まで行きつかないのが現状です

私の経験上 ひげが生え始めには 手をうっておきたいですね 20歳前後に女性ホルモン投与です

理由に関しては ひげが生え始めると 実際の所 もう止まりません 

最後はひげを永久脱毛をすると言う事になります。

だか女性ホルモンを投与していれば、遅らしたり 

薄いまま成長しない 結果、肌がきめ細かいままで維持が出来る

最近では、保険のきく病院も大変増えてきましたので 

そう言った病院の精神内科の性同一性障害の診療をおすすめします


ちなみに私の時代では。性同一性障害と言う言葉がまだ認知されておらず

当時のおかまさんやニューハーフや性同一性障害の人は

美容外科で高い金額を出して 女性ホルモン注射を投与していました。

当時の金額で言えば 注射1アンプル6000円前後を 

一度に2アンプル 12000円前後を2週間に1回投与してました。

副作用や注射をすればどの様に変化していくのかは

0002.jpeg

次の記事に書いていきたいと思います

良ければお手数ですが読者登録お願いします。